キャッシングで登録される個人情報とは

キャッシングをした場合、主に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。この情報機関は多くの金融機関が利用しているため、様々な利用履歴が残ってしまうのが特徴です。一定期間の延滞があった場合、個人信用情報機関には延滞の内容が登録されるため、記録が残った場合、他の金融機関でキャッシングを申し込んだ時、審査で落とされる可能性があります。審査は金融機関によって内容が異なりますが、マイナスの情報であることは変わりありません。審査では貸付けを行う人の返済能力がチェックされ、お金をちゃんと返してくれる人かどうかを調べられます。年収や職業なども重要になりますが、このように返済に対する態度が真面目かそうでないかも大きな影響を与えます。しかし、この情報は永続的に残り続けることはなく、契約継続中および完済日から5年で消去されるのが一般的です。もしも事情があって返済を延滞してしまった場合でも、5年間きちんと支払いを続ければ、延滞の情報は残りません。